ケフィアヨーグルトとメープルシロップのロイヤルユキ公式通販

全国一律送料550円! 7,560円(税込)以上ご購入で送料無料!

カテゴリーから探す

価格帯から探す

  1. ケフィアヨーグルトについてよくある質問

よくある質問(ケフィアヨーグルトについて)

ケフィアってなんですか?

A.
ケフィアとは、コーカサス地方で2000年以上も前から飲まれ続けてきた発酵乳です。
コーカサス地方は世界有数の長寿地域ですが、人々の健康に大きく関わっているのがケフィアであると言われています。このケフィアの健康効果、そして何よりもすばらしいおいしさに注目が集まり、日本でも紹介されるようになりました。

ヨーグルトとの違いは?

A.
ケフィアヨーグルトも、一般に市販されているヨーグルトも同じ発酵乳ですが違う点があります。
一般のヨーグルトが1~2種類の乳酸菌のみで発酵させるのに対し、ロイヤルユキのケフィアヨーグルトは5種類以上の乳酸菌と酵母による複合発酵です。
一番人気のロイヤルケフィアプロたね菌は、さらにビフィズス菌が加わります。

上手く作れません。

A.
夏場など室温が25℃以上となる場合、24時間の発酵では過発酵(発酵が進み過ぎて酸味が強くなったり、分離したりする)が起きる場合があります。その場合は20時間前後を目安に発酵時間を減らすなどして調整ください。
冬季などの寒い時期に上手く作れない場合(仕上がりがゆるい等)、様子を見ながら2~3時間長めに保温していただくことをおすすめしております。
※ケフィアヨーグルトは乳飲料では作ることができません。【どんな牛乳でも作れますか?】の出来上がりイメージを参考にしてください。

どんな牛乳でも作れますか?

A.
ケフィアヨーグルトは、使用する牛乳を選ぶことで、お好みのおいしさに出会えます。味わいや出来上がりも様々なのも楽しみの一つです。
さっぱりとした味わいがお好みの方は脂肪分の低いもの、濃厚な味わいがお好みの方は脂肪分の高いものをお選びいただくとよいと思います。また、カルシウム強化牛乳などの乳飲料はケフィアヨーグルトを作ると分離してしまうことが多く向きません。

出来上がりのイメージは下記を参考にしてください

  • 成分無調整牛乳
  • 成分無調整牛乳

    ◎ 固めに出来上がります

    口当たりがごくなめらかで、サラッと広がる快い食感です。味わいはまろやかで、脂肪分が高いものほど、濃厚な味わいになる傾向があります。

  • 常温保存可能牛乳
  • 森永北海道3.6牛乳

    ◎ 程よい固さ

    程よい固さでくっきりとした酸味があり、同時に濃厚なミルキー感が強いので、食べ応えがあります。
    » ロイヤルユキ取り扱い商品

  • 低脂肪牛乳
  • 低脂肪牛乳

    ○ 少し柔らかめ

    やや乳清が多く生じますが、出来上がりに問題はありません。フレッシュな酸味が特長で、あっさりと清々しい口当たりです。

  • 無脂肪牛乳
  • 無脂肪牛乳

    ○ 柔らかめ

    低脂肪牛乳よりも、さらにあっさりとした味わいになります。乳清も多く生じます。さらっとした口溶けで、フルーツのような爽やかさです。

  • 低温殺菌牛乳
  • 低脂肪牛乳

    △ 柔らかい

    ややゆるめにでき上がります。商品によっては固まりづらいものもあります。酸味や牛乳の風味は際立って良く、適度なコクがあり優しい味わいです。

  • 乳飲料
  • 乳飲料

    × 固まりません

    ケフィアヨーグルトを作るとほとんど分離します。ヨーグルト作りには向いていません。見た目は普通の牛乳に見えるものもあるので注意が必要です。

柔らかめの感じがします。

A.
市販のヨーグルトよりも柔らかめに出来あがるのが、ケフィアヨーグルトの特徴のひとつですので、安心してお召し上がりください。
ケフィアヨーグルトは、乳酸菌や酵母の力だけで固まっており、凝固剤や増粘剤などの添加物が一切加わっていません。本来のヨーグルトの口当たり、そのなめらかさをお楽しみください。

他のケフィアとの違いは?

A.
数種類の乳酸菌と酵母の複合発酵によて作られることが特徴のケフィアですが、これにビフィズス菌を加え強化されたものがロイヤルケフィアプロたね菌となります。

乳清(ホエイ)とは?

A.
ケフィアヨーグルトの表面にある透明の液体は、乳清(ホエイ)と呼ばれるものです。
乳清(ホエイ)は、乳酸菌の発酵が進んだり、振動などによって分離したものです。乳清には、水溶性のタンパク質、ミネラル、ビタミンの一部などの栄養が含まれているので、できれば捨てることなく一緒に召し上がってください。ジュースなどに混ぜるとおいしく召し上がれます。

1日にどのくらい、いつ食べたらいいのですか?また、カロリーはどのくらいですか?

A.
ロイヤルユキでは1日200ml~250ml召し上がることをおすすめしています。くるみちゃんポットでつくる量の半量を目安にしてください。召し上がる時間帯はいつでもかまいません。1日数回に分けてお召し上がりいただいても結構です。
たね菌に含まれるカロリーはほんの僅かです。お使いになる牛乳のカロリーを基準に考えてください。

なぜケフィアヨーグルトは手づくりするのですか?

A.
ケフィアヨーグルトが基本的に店頭販売されない理由は、乳酸菌と酵母の複合発酵のためです。
酵母は有機物(食べ物)に含まれる糖をアルコールと炭酸ガスに分解しながら、分裂と成長を繰り返します。
その過程で発生する炭酸ガスにより、密閉された容器に入れると破損の恐れがあります。
これを回避するために、ヨーロッパなどでは容器にピンホール状の穴を開けて販売されていますが、日本では食品衛生法上、容器の密閉が義務づけられています。
ですから、容器が膨張してしまう恐れのあるケフィアヨーグルトは店頭での販売が困難となります(加熱処理などによって発酵の進行を止めてしまえば可能になる場合があります)。

発酵ヘルパーくるみちゃんの電気代を教えてください。

A.
1回24時間使用して、3~4円が目安です。
ただし、くるみちゃんは温度が高くなるとスイッチが切れるので、季節やつくる環境によって多少異なります。

専用容器くるみちゃんポットを使わないとつくれないのですか?

A.
牛乳パックや他の容器でもケフィアヨーグルトはつくれます。
牛乳パックにくるみちゃんを巻き付けることも可能です。ただし、固まり具合のムラや、できあがったケフィアヨーグルトの取り出しづらさを考え、ロイヤルユキではくるみちゃんポットを推奨しています。